日本大衆音楽祭

日本大衆音楽祭

日本大衆音楽祭とは

主催/日本大衆音楽祭実行委員会(NPO法人 日本大衆音楽協会)
後援/文化庁・厚生労働省・日刊スポーツ新聞社

昭和57年、カラオケを主体とする大衆音楽の文化的向上と発展を目指し、その組織化を図ることを目的として、日本大衆音楽協会を誕生しました。
各県に協会が設置され現在に至っています。

日本大衆音楽祭(全国大会)は、歌の国体として昭和60年安田生命ホールで第1回を開催したのを皮切りに、
朝日生命ホール、イイノホール、第4回からは東京厚生年金会館大ホールで、第26回は、よみうりホールで、第27回は日本青年館で第31回から新宿文化センター開催しています。
今までの地道な活動とその実績が認められ、文化庁・厚生労働省の後援と文部科学大臣賞・厚生労働大臣賞、平成11年からは内閣総理大臣賞が授与され、ますます発展しています。

カラオケが日本文化として成長するにつれて、庶民生活の中にしめる大衆音楽(カラオケを含む)の重要性が認識され、都道府県大会に対しては、知事賞が下付されています。
ブラジルでは大統領賞、他にも韓国・中国など海外にも活動の輪を広げつつあります。

日本大衆音楽祭は歌の好きな人なら誰でも参加でき、全国大会はお年寄りからお子様に至る参加者を7部門に分けており、第一次はテープ審査を行い、参加部門を決めています。
そのため全国的に非常に幅広い層に愛され、歌の国体として全国的に支持されています。

第34回日本大衆音楽祭は2018年10月8日()に東京都新宿文化センター大ホールにて開催されます。

一次予選
二次予選
応募方法
審査方法・審査基準