協会について

協会について

趣意書

日本大衆音楽協会趣意書 世界に通じる「心」それは音楽です。 フランスにはシャンソンがあり、アルゼンチンにはタンゴがあります。アメリカにはジャズがあり、そして日本には歌謡曲があります。歌謡曲は日本の歌であり、大衆の音楽であります。 この大衆音楽の世界も、カラオケの出現によって一変しました。即ち「聴く音楽から歌う音楽へ」大きく転換したのです。今や日本のカラオケは余暇のコミュニケーション、そして健康の増進の為になくてはならないものになりまし...

沿革史

日本大衆音楽協会 沿革史 日本大衆音楽協会は昭和58年静岡県大衆音楽協会と栃木県歌謡協会が中心となって、カラオケを主体とする大衆音楽の文化的向上と発展を目指し、その組織化を図ることを目的として、会長船村徹、理事長加藤省吾、事務局長柴田良一で創立した。平成12年から会長藤間哲郎、理事長柴田良一で、平成24年から会長志賀大介、理事長柴田良一で活動している。 日本大衆音楽協会が主宰して毎年行われている日本大衆音楽祭全国大会は、昭和60年安田生命ホー...

全国支部